Menu

ストレスによって尿酸値を高めてしまう 2015年12月20日

ストレスが溜まり続けると、自律神経が鈍くなってしまい、それによって尿酸がしっかりと排泄されなくなるのです。
そうなれば、当然ですが尿酸値は高くなってしまうわけですから、結果的に痛風を引き起こすリスクを高めてしまうのです。

痛風の発作はストレスを感じている時に多い

過去のデータを見てみると、痛風の発作を起こしている人は、最近ストレスを感じていたというケースが多いのです。
仕事や人間関係など、日々の生活でストレスを感じることはいくらでもあるわけですから、それが積み重なったことで、痛風を引き起こしてしまったとも考えられるのです。

もちろんストレスだけが要因ではないでしょうが

もっとも、ストレスだけで痛風になってしまうことは、あまり考えられないと思います。
ストレスも溜まりつつ、食生活も乱れた状態になったり、お酒を飲みすぎたりしたりしたことで、それが融和して痛風になってしまった可能性が高いのです。

どうすればストレスを溜めなくて済むのか

では、どうすればストレスを溜めないようにできるのでしょうか。
正直、今の現代でストレスを全く溜めないということは、かなり難しいと思います。
ただでさえ日本は、世界でも労働時間がトップクラスに長い国ですし、休みも非常に取りづらい国だと言えます。
だからこそ、社会全体で今の労働環境を改善させることが、人々のストレスを和らげる1番の方法だと言えるのです。

個人でもしっかりと考える

もちろん個人でも、ストレスを溜めないような方法を考えることが必要になります。
趣味を見つけたり、充実した休日を過ごしたり、たまには贅沢したりするなど、いろんな方法でストレスを発散させるようにしましょう。

カテゴリー: ストレス