Menu

仕事熱心は痛風のリスクが高くなる 2015年12月8日

常に仕事を第一に考える

勤務中はもちろん、勤務以外の時でも、常に仕事のことを第一に考える人もいるわけです。
家に帰ってからも仕事をしたり、休日出勤を頻繁にしたり、たまの休みもスキルアップのために資格の勉強をしたりするなど、ほとんど365日不休で仕事をしている人もいるわけです。

行き過ぎは身体に悪影響を与える

仕事を第一に考えること自体は、何も悪いことではありませんし、むしろ素晴らしいことだと思います。
しかし、それも行き過ぎてしまうと、身体に悪影響を与えてしまうことになるのです。
疲れがやストレスがどんどん溜まり、それによって尿酸値も大きく高めることになってしまい、痛風のリスクも格段に高まるのです。

オンオフの切り替えが大事

いくら仕事熱心の人でも、休み時はしっかりと休むようにしましょう。
オンオフの切り替えがしっかりとできれば、身体への負担が和らぐのはもちろんですが、仕事の方でも効率的に取り組めるようになるのです。
よく、仕事ができる人ほど、オンオフの切り替えが上手いと言われています。
なので、仕事を第一に考えるのであればなおのこと、休み時は休まないといけないのです。

結果的に職場に迷惑をかけてしまうことも

仕事への情熱が行き過ぎてしまい、痛風だけに限らず何らかの病気にかかってしまい、それによって長期間入院してしまうことになれば、結果的に職場に迷惑をかけてしまうことになるのです。
仕事を第一に考える人が、職場に大きな迷惑をかけることは、なんとしても避けたいところでしょう。
だからこそ、身体を壊さないように、適度に身体を休めることが大事なのです。

あまり難しく考えなくていい

とは言っても、決して難しく考える必要はありません。
疲れた時にしっかりと休んで、健康診断をしっかりと受けるなど、ごく普通に取り組んでいけばいいのです。

カテゴリー: 症状や痛みなど