Menu

健康診断で尿酸値の高さを指摘される 2016年2月1日

基準値よりも若干高い程度なら

まず、基準値である7ミリグラムよりも若干高いと診断された場合は、とりあえず医師に診てもらうことになりますが、恐らく薬による治療は必要とされないでしょう。
もちろん症状にもよるので一概には言えませんが、まずは生活習慣の見直しを行い、規則正しい生活を過ごしていけば、尿酸値が基準値以下まで下がる可能性は十分にあります。

基準値よりもかなり高い場合は

一方で、基準値よりもかなり高い場合、すなわち7ミリグラムよりも1ミリ以上高いと診断された場合は、薬による治療が必要になってくるでしょう。
正直、8ミリグラムを超えればいつ痛風になってもおかしくはないので、薬で治療をしつつもちろん生活習慣もかなり見直さないといけません。
7ミリを少し超える程度なら、お酒を控えるレベルで済むかもしれませんが、8ミリを超えるとなれば完全にお酒を断ち切るぐらいでないとダメかもしれないのです。

早い段階で医師に診てもらう

いずれにしても、尿酸値が高いのであれば、早い段階で医師に診てもらう必要があります。
そのためには、健康診断も毎年しっかりと受けるようにして、自分の尿酸の値をしっかりと把握しておくことが大事なのです。
早い段階で対策を取っておけば、痛風になるリスクを抑えられるだけでなく、そこまで過剰に節制した生活をしなくても済むのです。
気づくのが遅ければ、それだけ入念な対策が必要になるので、かなりの節制をしなければいけなくなってしまうのです。

カテゴリー: 診断・診察など