Menu

和食がメインなら塩分さえ注意すればいい 2015年12月2日

洋食や中華はどうしても脂肪が多くなる

どうしても洋食や中華がメインの食事になってしまうと、脂肪が多くなってしまうのです。
脂肪が多ければ、それだけ尿酸値も高まりやすくなってしまいます。
もちろん、それらの料理でもバランスの取れた食事ならいいのですが、なかなかそれも難しいのです。

和食なら脂肪を抑えつつ必要な栄養素が摂取できる

一方で和食であれば、脂肪を抑えられるのはもちろんですが、なおかつ必要な栄養素を摂取することもできるのです。
タンパク質や鉄分なども、魚や海藻類から摂取することができますし、お肉がないからと言って栄養が不足してしまうこともないのです。

塩分にだけは注意する

ただ、どうしても和食は塩分が過剰になりがちですから、塩分だけはしっかりと注意するようにしましょう。