Menu

基本的に1つの食品を食べ過ぎない

肉がダメだというわけではない

よく、肉は肥満の要因になるなどと言われていますが、それはあくまでも食べ過ぎた場合に言えることです。

むしろ、肉にはタンパク質を始めとした大事な栄養素も多数含まれているので、健康のためにはむしろある程度は食べるべきなのです。

ただ、肉を食べ過ぎてしまえば、プリン体を大量の摂取することになってしまい、それによって痛風のリスクを高めてしまうのです。

塩分も摂り過ぎはNGだが

また、塩分を摂りすぎるのも、高血圧を引き起こしてしまい、それによって尿酸が排泄されにくくなってしまいます。

ただ、塩分も人間が生きる上では大事な成分ですから、必要量はしっかりと摂取しないといけません。

お酒も適量なら問題ない

そして、お酒に関しても飲みすぎれば、尿酸値を大きく高めることになりかねません。

しかし、適量であればむしろ体にいいと言われているので、お酒とも上手く付き合っていくようにしましょう。

食事の量を見直すようにする

もし尿酸値が高いと診断されたのであれば、まずは食事の量を見直してみるようにしましょう。

やはり尿酸値が高い人の全体的な傾向として、食事の量が多い傾向にあるのです。

カロリーオーバーしやすい

当たり前ですが、食べ過ぎればそれだけカロリーオーバーしやすくなります。

そうなれば、プリン体の摂取量も増えることになりますから、それだけ尿酸が溜まりやすくなってしまいます。

その結果として、痛風という事態を招いてしまいかねないのです。

偏食の傾向が強い

また、食事の量が多い人は、基本的に偏食の傾向があります。

肉料理ばかり食べたり、野菜をほとんど食べないなど、そういった偏食も典型的な痛風の原因になってしまうのです。

食事の量は普通でも

そして、食事の量に関しては普通であっても、間食を頻繁にしたりすれば、やはりトータルではカロリーオーバーになってしまうので、結局同じことなのです。

むしろ、間食でば必要な栄養素も摂れなくなるので、余計にリスクを高めてしまうことになるのです。