Menu

肉がメインになっていないか

例えば、普段の食事で肉がメインとなっている場合、それだけで脂肪を多く摂取することになるのです。

それも、1週間のうち何日かならまだいいのですが、ほぼ毎日肉がメインとなれば、完全に脂肪の摂り過ぎになってしまうのです。

肉よりも魚をメインにしたい

ただ、だからと言って肉を抜いてしまうと、タンパク質などの必要な栄養素が摂れなくなってしまいます。

そこで、肉と同じぐらい豊富にタンパク質が含まれている、魚をメインにしたいところです。

魚であれば脂肪分もかなり少なくなっているので、脂肪を摂りすぎることなく必要な栄養素を摂取できるのです。

もちろん、肉を定期的に食べることも必要なので、その際は脂身の少ないお肉を選ぶようにしましょう。

揚げ物をできるだけ控えめにする

唐揚げを始めとした揚げ物の食べ過ぎは、尿酸値を高くする要因の1つになります。

それだけでなく、肥満や成人病などいろんなリスクを引き起こすので、揚げ物はできるだけ控えるのが大前提となります。

食べてはいけないわけではない

ただ、揚げ物が好きな人もいるでしょうし、飲み会の時などは多少なりとも食べないと逆に失礼になると思います。

決して、揚げ物を食べてはいけないわけではなく、控えめにすることが大事だと言うわけです。

また、少し多めに食べてしまったと思ったら、その分少し運動を多めにやって、脂肪をしっかりと燃焼するようにしましょう。

普段使用する油

また、普段料理をする時に使用する油に関しても、オリーブオイルような植物性の油を使用するのが好ましいです。

そして、肉などから溢れ出す脂に関しても、しっかりと落とした上で食べるようにしましょう。

それ以外にも、サラダへのドレッシングであったり、マヨネーズのような油を使った製品を使用する場合も、できるだけ低カロリーな物を選ぶようにしましょう。