Menu

薬による治療はあくまでもサポートに過ぎない 2016年9月4日

生活習慣を見直さないと意味がない

いくら薬を使用しても、結局生活習慣をしっかりと見直さないと意味がないのです。
薬は、あくまでも生活習慣の見直しだけでは難しい部分を補う存在であり、根本部分があってこそ初めて効果を発揮できるのです。
しかし、その根本部分がダメでは、薬を飲む意味がありませんから、結局尿酸値は高いままなのです。

薬に頼らないといけないのも事実

ただ、尿酸値が高いことによって生じる痛風は、どうしても薬を飲まないと抑えることができません。
また、基準値よりも1ミリ以上も高い尿酸値となっていれば、薬によってある程度コントロールをする必要があります。
そのため、生活習慣の見直しが第一とは言っても、薬に頼らないといけないことも事実なのです。

長期的な治療は避けられない

薬による治療が必要なケースになれば、どうしても長期的な治療は避けることができません。
毎日規則正しい生活を過ごすのはもちろんですが、薬もしっかりと飲まないといけませんし、定期的に診断をしてもらう必要もあります。
場合によっては、それを一生涯続けないといけない可能性もあるので、かなりの根気が必要になるのです。

薬を使わなくてもいいように

尿酸値がそこまで高い場合でなければ、薬を使用する必要はないケースがほとんどです。
また、それぐらいの尿酸値であれば、生活習慣を見直すだけで十分に改善させることができます。
だからこそ、薬を使わなくてもいいように、そして長期間の治療をしなくても済むように、日頃から生活習慣は気をつけるようにして、健康診断も必ず受けるようにしなければいけません。
結局、それを怠ってしまうからこそ、後になって大きな後悔をしてしまうのです。

カテゴリー: 治療薬・改善など